創業期に会計事務所を活用するコツ

創業時期は、営業、事務作業、経理などを全て一人でこなさなければならないケースがあります。

会計業務は、必ずやらなければなりませんが、優先順位が低いので後回しにしている方も少なくありません。

会計事務所に記帳代行を依頼することで、営業などの売り上げ拡大に専念できるので、事業が成功に向かう可能性が高まる効果が期待できます。

会計事務所とは?

会計事務所は、簡単に言えば会社の経理業務や決算業務のサポートを行なってくれるところです。メイン業務は日々の帳簿作成を行う「記帳代行」と確定申告などの税務申告に関わる「税務申告代理業務」になります。会計事務所も税理士事務所も呼び名が違うだけで、行なっている業務は同じです。

しかし公認会計士と税理士は独占業務が異なります。公認会計士は「監査業務」、税理士は「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」を独占業務とされています。

会計事務所であっても監査業務を行なっていない場合もあります。また、メイン業務以外に行なっている業務もそれぞれ違いますので何を得意とした事務所なのかを契約先を探す際に調べるとよいでしょう。

創業期の会計事務所の活用方法

創業間もない企業や個人事業主は経理の専門知識を有した社員を雇う余裕もないことが多いでしょう。しかし一人で営業も事務作業も経理も行うことはとても大変です。

会社の会計業務は大変煩雑で面倒ですが必ず行わなければいけない業務です。

日々の帳簿作成や会計ソフトへの仕訳入力などの会計業務は専門家である会計事務所に依頼する方が、正確であり効率的と言えます。

最近では、専門的な簿記知識がなくても処理が可能な会計ソフトも増えましたので、取引量が少なく記帳代行を会計事務所に依頼するまでもないと考える場合は、決算申告や税務相談のみ会計事務所に依頼しても良いでしょう。

事業拡大時期の会計事務所の活用方法

会社が軌道にのり、取引量が増えると会計事務所のサポートが不可欠となってきます。会社の会計業務が正しく行えているか年間を通して定期的に確認してもらう必要があります。

また、事業拡大に伴い、現状の把握・分析と今後の事業展開、資金繰りの相談を会計事務所に依頼することで、よりよい事業計画が立てられるでしょう。

給与計算業務や請求書発行業務を会計事務所にアウトソーシングすることも可能です。給与計算のような所得税や社会保険、雇用保険などの専門的な知識を要する業務は会計事務所に任せることも一つの案です。

まとめ

会計事務所というと難しいイメージがあるかもしれませんが、会社を経営していく上でなくてはならない存在です。

記帳代行や給与計算・請求書発行など専門知識が必要な業務は、会計事務所を上手に活用することで、経営者は売上げ拡大に専念できる環境をつくれます。

人材確保が難しい時代です。作業が正確・効率的であり、人件費のコスト削減も可能になるなど会計事務所に依頼するメリットは多くあります。

 

・浦和で記帳代行をお探しなら当社にご相談ください→【お問い合わせメールフォーム

浦和の経理専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

経理のお悩み 無料相談受付中! 0120-814-680

経理サポートメニュー

その他サポートメニュー

新着情報